当番弁護士さんはこのようなことを行います

当番弁護士さんはこのようなことを行います

もし交通事故などで警察に逮捕され、取り調べを受けるために警察署の留置場に入れられ、最大48時間拘束されてしまうと、家族であっても一切会えなくなってしまいます。

ただ一人会うことができる弁護士でも、逮捕された人が依頼する私選弁護人しか会うことができません。

逮捕されたときに備えて弁護費用を準備している人は少ないでしょうから、準備していないために依頼できないことが無いように、初回の利用が無料となる当番弁護士という制度があります。

これはどのような制度なのでしょうか。

これを依頼された弁護士は、まず、依頼した拘束中の人とすぐ面会し、取り調べにあたっての対応を指示します。

刑事手続きについての流れや認められている権利についても説明しますし、刑事手続きの疑問などについても相談できます。

それから、供述調書の作成が終わっていなければ、面会の際にその作成のアドバイスを行います。

そのまま、引き続き弁護活動を続けてもらえるように依頼できますから、拘束後にあらためて事情を説明し依頼する手間などが省けます。

覚えておいて損はありませんよ。

より早い釈放を請求する弁護活動をお願いできます

警察署の留置場に、交通違反や交通事故で逮捕され、入れられてしまうと、最大で48時間は警察署の外へ出ることはできなくなります。

検察庁での手続きの時間を含めると最大72時間になりますし、勾留請求が認められるともっと長い時間拘束されることになります。

こうなると学校や会社へ行くことが当然できなくなります。

長い時間の逮捕や勾留となると、どうして休んでいるか黙っているわけにはいきませんから、そうされていることが周りに知られてしまいます。

身内が逮捕されたら弁護士へ連絡しよう

場合によっては解雇されたり退学させられたりするかもしれません。

逮捕、勾留されても早く釈放されれば、そうした事態にならずに済むかもしれませんし、その後の刑事手続きの準備を十分にできます。

そのため弁護士に、より早い釈放を請求する弁護活動をお願いすることができます。

勾留請求が認められなければ、最大で2、3日の拘束で済みますから、学校や会社を続けられる可能性が高くなりますし、拘束後の刑事手続きへの準備をしっかり行うことができるので、その弁護活動を弁護士に依頼するメリットは大きいですね。